中華カーボンホイールの実力(LWCホイール)

 2015-10-02
masaです。

カーボンチューブラーのホイールが欲しい。
欲しい欲しい・・・とヤフオクを巡回。
なんだか怪しいホイールを発見。
LWC wheels というメーカー。

38mm超軽量カーボンチューブラーホイール(前後1090g)
79,800円(今は1万円ほど値上がりしている)

中華カーボン

聞いた事ないメーカーだ。
ちゃんとした物で作ってますよ、とは謳われているが‥怪しい。
おそらく中華カーボンの類と思われる。
しかしこの中華カーボンホイール、調べてみるも意外にも悪い事は書かれていない。
ので昨年購入した。

そこで、中華カーボンホイールの実力が
どれほどのものなのか実験してみた。

比較対象は、カンパニョーロ
BORA ULTRA TWO 50mm 前後1305g
中古で実質140,000円で購入
格安で手に入れたが、言わずと知れたカンパニョーロの名作。

bora ultra two

SUGOファンキーエンデューロでの実走タイムで比べてみた。
何を隠そう私はミスターアベレージ!
昨年のSUGOファンキーエンデューロでは8周回したわけだが、
奇跡的にどの周も同じ様なタイムだったのだ。
パーツ交換による効果を計る上ではベストな環境ではないだろうか。

最初と最後のタイムはどうしても速くなってしまうので参考外として、
うち6周で各ホイール3回ずつタイムを取ってみた。
コースは長めのアップダウンがある3.7km

結果

BORA ULTRA TWO
4周目 7分14秒
5周目 7分15秒
7周目 7分23秒

平均7分17秒

中華カーボン
2周目 7分09秒
3周目 7分10秒
6周目 7分19秒

平均7分13秒

結果は先行使用した中華カーボンに若干の分があったところはあるが、
まぁほぼ同タイムとみていいだろう。

これが長距離となったり、脚がある人が使用すれば話は変わってくる可能性はあるが、
一般ホビーレーサーが使用する分にはコストパフォーマンスはかなりイイと思われる。

その他、SUGOバックストレート下りでの最高速度も比べてみた。
下りでは踏まずにそれぞれ3回ずつ実施。

BORA ULTRA TWO
最高速度平均 67.93km/h

中華カーボン
最高速度平均 67.27km/h

実施回数が少ないのでアレだが、
BORAの方が0.66km/h速かった。
純粋な回転性能はBORAが上のようだ。

極簡単に中華カーボンのインプレ的な‥
まず劇的に軽い、坂も軽快に登れる。
下りも心配なく?飛ばせる。
ブレーキも問題なく効く。
雨の日は不明。
ラチェット音はそこそこ出るがうるさくはない。
見た目がアレだ‥

非常に優秀なホイールではないだろうか。
アップダウンがあるコースやヒルクライムには最適だと思われる。
カーボンホイール欲しいけど高くてちょっと・・・
という人には良いかも知れない。
スポンサーサイト
タグ :
コメント
見た目よし☆(デカールなどで)
価格よし☆
能力はまずまず☆
50~60mmくらいのが、後にほしいですな~☆
【2015/10/02 09:44】 | Kiku丸 #- | [edit]
本当にミスターアベレージですね(^-^;

8週してこのタイム、初参加の自分にとってはスゴすぎです(*_*)

もし11速化したら鉄ゲタ(501)が使用できなくなるので、検討してみたいですね(^^)d
【2015/10/02 12:47】 | TAGU #- | [edit]
僕も欲しい! 乗らないくせに‼
見た目重視。前にも同じような事があったな。(カンパバレットを狙っていた頃に)
【2015/10/02 14:48】 | kyo #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://mine1111.blog.fc2.com/tb.php/150-5a1074ed
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫