FC2ブログ

【動画】由利本荘ロードレース

 2016-09-26
masaです。
2016サイクルロードレースin由利本荘ノービスBの動画をアップしました。
振動と、カタカタ音がうるさいのがアレですが・・・
8:55 と 18:51 に目の前で落車があります。
最後の直線、みなさんヒートアップしてました(゚д゚)




スポンサーサイト



タグ :

2016サイクルロードレースin由利本荘

 2016-09-25
masaです。
9月25日(日)、2016サイクルロードレースin由利本荘に出場してきました。
ロードレースは2013年の由利本荘ロードレース以来2回目なので技術的にはビギナークラス( ノД`)
しかしながら申し込み時点でビギナークラスは定員になってしまい、ノービスB(40歳以上)での出場になりました。
初めてのロードレースでは前半で集団からチギれてしまったので、今回の目標は最後まで先頭集団について行く事。
それから、落車などせず無事に帰ること。。。

7時に会場入り。
「道の駅にしめ」の駐車場スペースは余裕あり。
受付を済ませて2周ほど試走しました。

こちら会場。

会場


コースは1周5kmで細かいアップダウンはありますが、ほぼ平坦。

HC008.jpg


海沿いを走ります。

海沿い


今回はいつもの乙女ギヤ(11-28T)ではなく漢ギヤ?(11-23T)に変更
さらに眠っているカンパホイールを履きました。

平坦仕様


スケジュールはこんな感じでした。

日程


最初にミディアムを観戦。
なんと直線で落車との事。
救急車が来てましたねぇ。
怖いです。

次にビギナースタート。
これまた単独ではありますが、落車。
え~、なんか走るのが怖くなってきた(;д;)
慎重にいかないとね。

そして僕のノービスBの出番。
このクラスは50数人いたのでかなりの大所帯です。
とりあえず落車が怖いので、前から2番目に並びました。
ノービスは4周回なので20km走ります。

スタート前


■1周目
様子見・・・
しかし左側を走っていたので前に行けずどんどん後方に下がってしまいました。

■2周目
第1カーブの目の前で落車
ギリギリで交わして難を逃れましたが恐怖が(゚д゚)

■2周目後半
ゴール前を3位以内で通過すると名前がアナウンスされるらしい・・・
という誰かの言葉を思い出す。
右から上がって行き、少しだけ牽く。
先頭でゴール前を通るのは気持ちいいですなぁ。

■3周目
向こう正面の海沿いに出ると向かい風が(゚д゚)
速度が下がり、すぐに追い越されて4~5番手で走る。
ここでまた前方で落車!!
またまたギリギリで回避。。。
そしてまた先頭に・・・
もう牽く脚はありませんよ。

■4周目
なるべく前の方についていく。
右側に位置して先頭についていけるように。
この時点で10番手くらい。
第2コーナーを曲がったあたりで雰囲気が変わる。
先頭が少しペースを上げたのかな?
チギられないように頑張って付いていく。
海沿い道路からのコーナーを過ぎた登り坂でまたペースアップ。
ここで踏ん張って6番手まで位置を上げる。
最後のコーナーを抜けて残り1kmちょっと。
ここで後ろから何人かに抜かれ10番手くらいに下がる。
もう出すものは何も残ってないけど踏ん張る踏ん張る。
ゲストの栗村修さんが5位入賞できそうなら頑張って!
それ以降なら危ないから諦めてっていう言葉がチラつく。
微妙に5~6番手・・・
じゃあ頑張りますっ!!
後で見たら今まで出したことがない心拍184bpmとかが出てた(*゚Q゚*)
そんくらいモガいたけど、5位入賞はならず。
スプリントなんて出来ませんからね( ノД`)
結果6位でした。

27位以降はかすれて見えません・・・

結果


目の前の落車が2回あり、恐怖を感じましたが
最後まで先頭集団についていけたのでかなり楽しめました★

落車の危険性について感じたこと、、、

カーブだけ気をつければいいやなどと考えておりましたが、とんでもない。
直線こそ気が緩みがちなので、常に注意が必要です。
特に横移動する時は前後車のタイヤに接触しないよう確認しなきゃですね。
集団からチギれて単走になった場合、後ろから来る集団と接触の危険があるので、左端に避けて走る事。
集団内、隣同士で話しながらフラつくのはいけません。
かなり危険だと思いました。
それからガツガツ行くと危険です。譲り合う事も大事ですね。

自分はロードレース初心者なので今回、気付かないところでご迷惑をお掛けした部分もあるかと思いますが、かなりいい経験をさせて頂きました。

とにかく着順よりもなによりも安全第一って事が一番重要ですね。

と言いつつも怖い怖いと思いながら、今までの自転車レースで一番楽しかったかもしれませんが☆

あ、お楽しみ抽選会ですが、残念ながら所用があり早めに帰宅したので参加できませんでした。
いたら何か当たってたかな・・・

それから、お声を掛けてくださったTEAM KAFTHY、TEAM VELIXの皆様ありがとうございました。
またレース会場でお会いしましょう。

■追記
レース動画を撮っていたので余裕があれば後ほどyoutubeにアップします。
タグ :

【第1回 泉ケ岳ヒルクライム】

 2016-09-23
Kiku丸です。

昨日、【第1回 泉ケ岳ヒルクライム】のことを書きましたが
記事を書いたあとに、サイトをよく読んでみたら
色々勘違いしていたことがありましたので
大事な所を書いてみたいと思います。

・集合は6~7時
・受付時にネット申し込みした後の申込完了画面を見せる
・自転車保険に入っている証明を見せろと書いてある
・リフレクター・ベル・ライトは装着しろとのこと
・スタート順は事前の申請予想タイムにより分けられるらしい
・受付場所から10人程度づつスタートするが、本スタートでは無い
・バス停位置(係員がいる)から自己計測開始(本スタート)
・追い抜き、ローテーション以外での並走は禁止
・前回書いた7.3kmのコースは第1ステージ
・全員 第1ステージ終わったら4km程度の第2ステージを行う
・各ステージのゴール付近に補給ポイントが設置されている
・各ステージごとにタイム上位3名が表彰
・総合タイム 上位6名の表彰
・クラス分けは無く、男女でしか分け無い
・タイムは自己申告だが証明となるものを提示
 (サイコン、ストラバ等)
・12時までは下山できない

こんなところでしょうか…

受け付け締め切りは10月31日までですが
その前に定員の300名で〆切りになるとの予想です。

僕はもしエントリーしても
10月中に束稲ヒルクライムで25分を切れなければ
DNSの予定です。
そーならないように準備はしたいですが…

なんかステージ制がイマイチわかりづらいですが、
夏油と同じシステムじゃないですかね?
TTもヒルクライムだし、
同一日にやるわけですが…
ちなみに、第1ステージは
7.3km、平均勾配5.8%でほぼ登りっぱなし。
最大斜度は10%を越えて、まっすぐ登る坂が
選手の気持ちを折るとか…
第2ステージは
4km、平均してて4.5%で登り下りがあって
比較的、楽なコースらしーですよ。

KPACの方々、今年最後の大会にどーでしょう☆
終わったら、あとは残るのは忘年会だけですからね( *´艸`)
タグ :

今年最後のヒルクライム大会?

 2016-09-22
Kiku丸です。

あと半月後の試験まで
ロードバイクを自粛しておりますが
(その割には勉強しているわけでもないですが…)
試験の後は、出来るだけ乗って
ストラバのKOMを取りまくって、
100km超のサイクリングも行って
などと考えているわけです。
そして、冬はZWIFTでパワーアップだっ!!!
しかし大会が無いとモチベーションが…(ノω;`)シクシク
って、まずは全力で取り組むべきは試験ですが…

ここでタイトルの内容に戻るわけですが
【第1回 泉ケ岳ヒルクライム】なる大会が開催されるようで
サイトはこちらですね→【泉ケ岳ヒルクライム】
11月13日に仙台で行われるということで
参加しようかどうしようか…
情報によると、7.3km 平均斜度6%くらいで
速い人で20分くらいのコースらしいので
イメージとしては束稲かな~と勝手に思ってみたりしてます。

第1回ということでタイム計測なども整っておらず
自己計測、自己申告らしいです。
ストラバで区間設定されていますので
サイコン見忘れた( ゚∀゚;)タラーってことは回避できそうですね。
ちなみに区間のKOMは以前 栗駒HCで優勝した下山選手でした。
大会となり集団走になるとKOMも大きく更新されそうですね。
参加費は2000円で完走証は発行されるとのこと。

詳しい内容はサイトを確認してみて下さい。

※この情報元は、
 KPACブログをたまに見てくれている
 【がおーる】さんという方のブログから得た情報です。
 【がおーるさんのブログ】
タグ :

アスリートを生で見る(Kiku丸)

 2016-09-21
Kiku丸です。

リオオリンピックが終わり
パラリンピックも終ってしまいましたね。
皆さんも録画してみましたか?

色々と思い出に残るような出来事がありましたが
個人的には男子400mリレーがやはり一番グッときました。
ベタですけどね(笑)
他の競技も色々ありましたね(割愛します)

パラリンピックは機材の進歩がすごくて
機材で勝つとか、そーいった議論も出ました。
走り幅跳びのマルクスレーム選手も
健常者より高記録だということで、
義足の優位性がどーので…(割愛)

日本選手たちの活躍を見て
東京オリンピックは俺も観戦するぜー!!
的な気持ちになっておりますが
一体、何の競技を見るか…

んで、フと思いだしました。
岩手国体ってもうすぐだな…と。
さっそく各競技の開催地を調べる。
陸上は北上市
バスケは一関市、奥州市
水泳などは盛岡市など…
エントリーリストを見ると、
陸上では100mの山縣選手、ケンブリッジ選手が来ますね☆
男子でも女子でも有名選手がいっぱいでるようです。
女子の福島選手、土井アンナ選手、木村文子選手
棒高跳びの安孫子選手、今野選手とかも見てみたい。
水泳も荻野選手やら池江選手、金籐選手も来ます。

個人的にはボルダリングとかボクシングとか
普段見ないものも見てみたいと思ったり、
バスケはどこが有力なのかもわからないので
別にイイかと思ったり…

ちなみにボルダリングなんですが
東京オリンピックでは、日本ではあまり馴染みの無い
『スピード』という種目もやるみたいなんですが
動画を見たら、とても観たくなりました☆
15mの高さの壁をどれだけ速く登れるかって
陸上の100mみたいな感じなんですが
とにかく重力を感じさせない速さなので
実際に目で見たいです☆
ただ、いわて国体では『スピード』は無いようです…∑(゚◇゚ノ)ノ

岩手県勢の活躍はどーてすかね?
有名なとこだと、
競歩の高橋選手とか
女子短距離の藤沢選手、土橋選手、川村選手あたりは今年も出るんでしょうか?
若手だと女子の山田選手、男子の佐々木選手あたりがどーかな?ってところでしょうか?
3年前の東京国体の時の女子100×4リレーのようなのがまた見たいですが、どーですかね?
(準決勝で記録した大会記録は昨年の国体で破られましたが…)

【希望郷いわて国体】もうすぐ始まりますので、
皆さんも時間あったら
東京オリンピック観戦の練習的な気持ちで見に行ってはどうでしょう。

岩手の地で日本初の陸上100m9秒台でないかな~
福島選手の日本新も期待したい☆
めっちゃ楽しみですね☆

【東京国体 女子 リレー】
【ボルダリング スピード】
暇なら検索してみてくださいね☆
タグ :

Bリーグ開幕 (バスケ新リーグ)

 2016-09-20
Kiku丸です。

今週の木曜にバスケの新リーグが開幕します。

最近テレビで結構アピールしてるので
(興味無いと気付かないかもしれませんが)
分かっている人も多いかもしれませんが
一応、書いておきます。

以前は、昔からあったJBLとプロリーグとして発足したbjリーグの
二つのリーグがあり、これによって国内のバスケ競技力が育っていないと
国際バスケ連盟から罰則がありまして(国際大会への参加禁止など)
サッカーのJリーグ発足時に活躍した人たちなどが
主導する形で今回のBリーグが開幕に至るということです。

JBLとbjリーグのトップチームが終結したわけでは無く
プロチームとして財力が無いと
シーズン中にチームが無くなるなどもありますので
財力、収益力があるチームが一部リーグに。
その下に2部リーグがありまして
岩手ビッグブルズは2部からのスタートということになりました。

数年前に桶谷監督がいた時は、チームも強く
結果をよく確認してましたし、一関での試合も見に行きましたが
監督が代わってからは選手も離れてしまい
僕の関心も薄れていき、今に至るわけですが
気持ちとしては岩手ビッグブルズが早期に一部に昇格し
それに伴って岩手県のバスケレベルも向上していけば!
と思っています。

各チームはメインアリーナ(ブルズだと県営体育館)で
半数以上の試合を行わなければいけないわけですが
県営体育館は2500人しか入りません。
一部のチームは5000人以上収容できる所を
メインアリーナにしている(しなければならない)ので
収益力に格段の差が出てきますね。

金があれば、有能な監督、選手を雇える
結果 強くなって更に収益増 って好循環が始まればいいんですがね。
岩手は逆からですね。
岩手県にプロスポーツチーム観戦が根付いていない。
見たい人は皆 宮城県に行っちゃいますし…
なんとか頑張ってほしいと思います。

木曜日の開幕戦は
テレビで生中継らしいです。
夕方6時半からです。(僕は録画予約しました)
強豪同士の対戦ですので見ごたえがあるのではないでしょうか☆

岩手ビッグブルズの試合は24・25日に
岩手県営体育館で福島ファイアーボンズと対戦します。
勝利で発信してほしいですね☆
タグ :

一関国際ハーフマラソンに参加! TAGU

 2016-09-19
TAGUです。

今日は、一関国際ハーフマラソンに初めてハーフの部で参加してきました!

先週の土曜日、さすがに1度もハーフの距離を走らないとまずいと思ったので、金ヶ崎マラソンのハーフコースを走ってみたのですが、19kmで力尽きた上にその時点で約2時間・・・。
様子見でゆっくり走ったということを差っ引いたとしても本番は「2時間10分から15分かなぁ」と制限時間との闘いになると思っていました。

そこで、今回は初めての取り組みとして、以前kiku丸氏が紹介してくれたカーボローディング(グリコーゲンローディング)というものを試してみました。

前半はの3日は炭水化物を取らないで、ラスト3日はがっつりとりました。
やってみて思ったのは「むちゃくちゃキツイ」ってことでした。
炭水化物を抜いて豆腐だけ食べるのもきつかったのですが、普通の食事の後に画像のようなものを食べる生活もなかなかキツイものがありました・・・。

一例(土曜日の”普通の”昼食後に食べたもの)
炭水化物

そんなこんなで迎えた本番でしたが、朝からあいにくの雨!

なんか今年は大会の日によく雨に当たるなあと思いつつ、会場に向かいました。

会場風景

受付会場

当日は8時からの受付だったので、8時からちょうど位にいったのですが、受付会場のメインアリーナの中はもうすでにたくさんの人がいました。

受付をすまし、アップをしようと外に出ると本格的な雨が・・・。

これは直前までやめた方がいいと判断し、車内で時間まで待ちました。
そこで試しに心拍を測定すると、アップもしてないのにまさかの「105」!
レース前心拍

栗駒ヒルクライムの時に重役出勤になり、masa氏を待たせてしまった時ですら「65」だったのに。

今回は気持ちの入り方が違ったみたいです(^^;)

雨が降ったり止んだりを繰り返していましたが、軽くアップしスタート地点へ。
ハーフスタート前風景

開始20分前、かなりの人がスタート地点へ集合していました。

スタート地点は関係者が行き来しており、こちらも無駄に心拍が上がります!(実際はそんな気がしただけでしたが・・・)
ハーフスタート前風景2

時間ごとの選手の区分は最も遅いのが「1時間50分」という区分だったので、そこに並びました。
本当は2時間というところに並びたかったのですが・・・。
ハーフスタート前風景3

9時50分、いよいよスタートしました!

予想はしていたのですが、人が多いだけでなくしばらく道幅もないので全然進めず、歩きと走りの中間位のスピードで500m位進みました。

また、スタート前に一度止んだ雨も再び降り始め、気が滅入りかけましたが、「世の中にはmasa氏のようにずぶ濡れを好んで出かける人もいるんだ!」と妙なことで気を紛らし、走りに集中しました。

ランニング用アプリからの情報によると、最初の1kmは6分36秒。

大きく出遅れてしまいました。

人がバラケ始めたのですが、一気に行かず無理のないマイペースを保ちつつ行きました。

しかし、3㎞地点であることに気づきました。
2mでは1kあたりの平均タイムが5分40秒だったのですが、3km地点で平均タイムが5分22秒に。

「あれ、ペースが結構上がってる(汗)」

21㎞は未知なる距離なのでゆっくり行こうと思っていたのですが、大会特有のペースに流され、予想以上に速いペースで走ってたみたいです。

しかし、「それにしては全然大丈夫」と感じました。
「これこそがカーポローディングの成果なのか?」と思い、その後も同様のペースで走り続けました。

その後、10㎞過ぎても全くペースの乱れも疲れもなく、ペースはどんどん上がっていき、13㎞地点ではその日最速の平均タイムの5分16秒で走っていました。

後半の折り返し地点でやや本降りの雨になったため、多少疲労感は出てきましたが、それでもスタミナの方は問題ありませんでした。しかし、段々足の方にダメージが出始め、体力的にはゆとりがあるのに、足が動かないという状態になり始めました。

それでもラスト1㎞地点から、何とかスパートし、無事ゴールしました。

タイムは・・・、まさかの「1時間51分55秒」

予想タイムを大きく上回るタイム、というか、先週の試走の19kmのタイムすらを上回るタイムでゴールしました(^^;)

ハーフ完走証

これは、やっぱりカーボローディングの効果が大きかったと思います(^_^)

半泣きになりながら、ごはんやパンをほおばってよかった。
※地味に食費もかかりましたし・・・。

教えてもらったkiku丸氏に感謝ですね(^^)

東京マラソンは今年も落選してしまったので、出場は再来年以降に持ち越しですが、来年5月には奥州市でフルマラソンがあるとのこと。
いわて奥州きらめきマラソン

第一回大会で初フルマラソンもいいなと思い、今はこちらに触手が向いています。

フルマラソンこそ未知なる世界なのですが、今回のハーフで少し手ごたえをつかむことが出来たので、来年はフルマラソンに挑戦したいと思います!
タグ :

胆沢ダムずぶ濡れライド masa

 2016-09-18
masaです。
9月13日、休日と言うこともあり久々に胆沢ダムへ行ってきました。
8月にkiku丸さんがソロで行ったコース。
今回の目標は、平均時速30キロで走りきること。
午前中は雨。しかし、雨雲レーダーで確認すると午後は降らない感じ。
レーダーを信じてとりあえずスタート地点の厳美道の駅に移動。
小降りだけど降ってます・・・が、ここまで来たら行っちゃえ!ってことで走り始める。
厳美道の駅

厳美から衣川へ抜ける道を行きます。
確か途中にスター区間があったけど、先があるので素通りしよう。
が、、、スタートしてもKOMとの差があまりない。
途中から頑張るも5秒差で獲れなかった・・・
県道49号衣川TT

衣川に入って左折。
こっちは路面が乾いている。
衣川

ここでガーミンがスター区間はじまるよ!と反応。
行った事ない道だけど行ってみる。
1.4km 8%の坂。
厳しい登りで頑張ったけど20秒差でまたまたKOM獲れず。
全然及びませんな。そして農道に出てしまった。
ここを左折。
広域農道

胆沢方面へ抜ける広域農道です。
ここは直線が長く、平坦練習にはいいかも。
今日は南風だったので北上する分には気持ちよく走れました。
広域農道1

横手方面へ~の看板を左折。
ここから胆沢ダムへ向かいます。
左折胆沢ダムへ

ここから12km走ると胆沢ダム。
意外と長い道のり。。。
途中スター区間が何個かあるので頑張る。
が・・・トンネルに入ったところでガーミンがセグメントオフに。
KOMとの差が分からなくなり、一気にテンションが下がるもそれなりに踏んでいく。
胆沢ダム駐車場で休憩したいけど、雨で身体が濡れているので休むと身体が冷えそうだからそのまま行く。
つぶ沼を左折したところで一息つく。
かなり寒い・・・
温度が14℃。
薄手ではあるけどポケットに忍ばせておいたウィンドブレーカーを着る。
持っててよかったぁ。
胆沢ダム

あとは平均速度を下げないようにそれなりに走って終了。
目標としていた平均速度も31km/hでクリア★
このコースは平坦あり峠ありで程よくスター区間も設定されていてなかなか良いコースです。

ちず


しかし天気の悪い日の1人旅はツライし寂しい。
今度は晴れた日に走りたいですなぁ。


HC008_convert_20160918150020.jpg


セグメント



追記
TAGU氏のハーフマラソンの結果はどうなったのでしょう???
タグ :

RIDLEY HELIUM 2015 masa

 2016-09-07

RIDLEY HELIUM 2015 masa の続きを読む

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫