FC2ブログ

7.20 ソロ 奥州湖サイクリング(Kiku丸)

 2016-07-22
Kiku丸です。

勉強を初めましてロードに乗る回数を減らすと
前回書きましたが、全く乗らないのもストレスになりますので
先週のmasa氏との奥州湖サイクリングと同じコースを
ソロで走ってきました。
コースが一緒ですし、ノンストップなので
写真は無しです。

前回走ってみた感想として
ノンストップでなんとか走りきれる距離なんじゃないか?
コース的に平均30km/hオーバーで行けるんじゃないか?
と思ったりして、試してみることに。

ホントはmasa氏が少し前に登った室根山に行ってみたかったのですが
コース間違いがありそうで、せっかく走ったのに
スター区間通らず…とか嫌なのでね^_^;

今回のストラバの記録はこちら☆
2016720ストラバ


前回と距離・タイムはほぼ同じ。
平均30km/hの表示ですが
厳密には29キロ台で四捨五入の結果30の表示です…残念!

前回は平坦基調の二つのTT区間でのKOM奪取を目指しており
無事に1人1個づつゲッツできたわけですが
後で確認すると、その他の登りスター区間も
それほど遠い記録でも無い?ってところで
今回は平坦はさぼらないようにしつつ、マイペースに。
胆沢ダム付近の登りのスター区間で力を入れて
KOMを総取りする作戦(笑)
ちなみに狙うスター区間は5つ☆

んで結果はこれ☆
2016720スター区間


ほぼ予定通りにKOM奪取できたけど
一番最初の登りが負けてた(ノω;`)シクシク
重複してるので一番長いのに合わせてペース配分するわけだけど
それによって一番最初の登りで、KOMに届かず…
やはり登りが弱いようです…

んで胆沢ダムを通り過ぎてドンドン登るわけですが
国道397号線クライムの斜度表示がおかしい(笑)
多分5~6%しか無いと思うんですが
スター区間の表示は斜度19%台!
実際の3倍超の斜度表示になってるので
結果として出てきたパワー表示もこんなことに!
2016720国道397号線クライム


こんなに出せるなら、とっくにエキスパでしょうよって話。

そこから厳美方面に抜ける道路。
今日も風は向かい風。 
毎ペースに走りつつ、小滝森クライム付近から加速!
登りの頂上まで休まず頑張った。左ふくらはぎがピクピク…
そこから一気に下るが少し休みながら。
前回、最高72km/hだったが今回は59km/h。

厳美について後は道の駅に帰るのみ。
しかしここから20km弱あるんだな~
とりあえずここも毎ペースに。
しかし、左足の付け根が攣りそうな気配…
少しペースを落としながら走るが
ゴール間近での安心感か残り5kmから
力が出ない…

ここで先日見た誰かのブログの記事の中の言葉が!
「脚は悲鳴なんかあげちゃいない。それは自分が休みたいから感じる錯覚だ!」
とのことで、一旦頑張ってみるが、やはり動かないものは動かない…
いつもの頑張れない病を抑え込めずに、道の駅到着。

なんとか走りきれたが、太腿が痛くて
車運転できず(ノω;`)シクシク
10分程度運転先でゴロゴロしてたが
子供の個人面談で学校に行かなければいけないので
痛みを我慢して帰路につきました。

今回のサイクリング中に変速中のチェーン落ちが2回。
調整せねば…掃除もせねば…
スポンサーサイト



タグ :

夏油ヒルクライム後のメンテナンス(色々)

 2016-07-16
TAGUです。

初参加の夏油ヒルクライムでは体、マシンともにダメージを負ったのですが、傷が浅かったおかげで肩と腕の傷はほぼ完治しました(^^)b

あとは、ずっとどこかしら不調だったドロミのメンテナンスということで、先週はディレイラー関係を調整しましたが、その後も正体不明の「カツ、カツ」という異音が定期的に鳴っていました。(当初はディレイラー関係だと思っていました。)

Googleで「ロードバイク、異音」と調べると、症状から判断して最有力なのはボトムブラケット関係とのこと。

ボトムブラケット・・・。

唯一のデュラエースパーツ。

ちょっと背伸びした部品・・・。

去年の年末に変えたばかり・・・・。

とかなり女々しいことを考えてしまいましたが、やはり走っていて異音がするのは不安なので、交換を視野に入れながら週末外してみることを決意しました。

しかし、ここで問題が発生!

クランクについてきた予備のアルテグラのBBがあるはずだったのですが、前回コンポセットをヤフオクで売った際に気前よくオマケでつけてしまっていたのをすっかり忘れていました(*_*)
(今思うと、なんでそこまでサービス精神が旺盛だったのか謎ですね・・・。)

仕方ないので、「再びデュラエースのボトムブラケット(Amazon価格 3,024円)を!」と思ったのですが、外してみて違ったら嫌なので(そうじゃなかったらもっと嫌ですが・・・)今回はアルテグラのボトムブラケット(Amazon価格 1,954円)を購入することにしました。

アルテグラBB

それでクランクを外してみたのがこんな感じです。

ボトムブラケット外観

見た感じの外観は特に問題ありませんでした。
(どちらかというとドロミの汚れが気になりました(-。-))

しかし、実際に触ってベアリング部分を回してみると、明らかに「カツ、カツ」という引っかかるような音が!
(しかも乗っていた時と全く同じ音が(汗))

異音ありボトムブラケット

こんなにわかりやすいとは思いませんでした(^^;)

異音が鳴っていたのが右側だけだったので、試しに左側のベアリング部分を回してみると全く異音なし。

異音なしボトムブラケット

残念ながら、走行距離500km行くか行かないかでの交換になりました・・・。
(ベアリング部分を清掃しようかと思ったのですが、症状が悪化する可能性が大なので、止めました(^^;))

交換後、軽く試走してみると全く異音がなく快調(^^)v

気持ちの面で不安がなくなったので、思い切って交換してよかったです!



それと、本日修復したものがもう一点。

落車で穴が空いたKPACジャージですが↓

KPAKジャージ穴

これまたインターネットで調べたところ、ジャージ用補修布が有効とのこと!

それがこれです!

補修布

伸縮性がある素材にも対応し、洗濯しても大丈夫とのこと(ネットで紹介してた人と同じやつではありませんが・・・)

試しにやってみると↓

ジャージ補修

中からはそれなりの補修した感がありますが・・・。

ジャージ補修後

外からはぱっと見た感じわからなくなりました(^^)
※そう思い込んでる感もありますが・・・。

履いてみるととりあえずは大丈夫そうでした。
※実際に見れないので多分ですが・・・。

「これからKPACジャージ上+パールイズミ(下)という組合わせになるのかあ・・・」と思っていたのですが、再びフル装備で参戦することができそうですd(^。^)b

復活したドロミ+ジャージ(下のみ)でサイクリングと思ったのですが、今朝は寝て起きたら膝が痛くせっかくの晴れの天気なのに乗ることが出来ませんでした。

連休中は雨の天気とのことなので、早くても来週になりそうですが、今シーズン中に1回位は「夏油ヒルクライム後ヒルクライム」をしておきたいですね!

タグ :

胆沢ダムサイクリング masa

 2016-07-11
masaです。
今日はmasaは夜勤明け、kiku丸氏は午後から勤務なので
午前中に胆沢ダムへサイクリングしてきました。
スタートは厳美道の駅から。
今日は晴れていましたが、風が強くスタート直後から
ひどい向かい風。
まぁ疲れている帰りが追い風になるからいいだろうと
kiku丸氏が言う。確かにね。

厳美から本寺方面へ向かう。

厳美から本寺へ

最初からなかなかのスピードで走る。
本寺から衣川へ抜ける道
途中まで上りがあるが途中から下り基調。
気持ちよく飛ばす!
このルートはなかなか気持ちよく走れる
おすすめの道ですな。

本寺から衣川へ抜ける

みちのく古都ゴルフ場を過ぎたあたりからスター区間
があるらしくアラームが鳴る。
kiku丸さんが飛ばす!

軽快に飛ばす

すかさずコバンザメ走法。
ついていくのがやっと。
負けずに先頭交代する(20秒くらい)
衣川に出ましたー。
kiku丸氏、KOMゲット★
kiku丸氏かなり脚を使ったらしく、信号待ちで危うく
転倒するところ。アブナイアブナイ。

ここから北西へ向かう。
しかし北西からの向かい風がキツイ。
途中に衣川十景の1つ菊の滝があるので寄る。
というか、kiku丸氏は休憩なしで目的地まで行く勢い
なので声を掛けて休憩にもっていく。
若干癒され~

kikuの滝

さらに進んでいくと昨年KPACサイクリングで間違えて
衣川1号ダムまで行ってしまったところを右折。
のぼるー。つらい。
kiku丸氏は今日もアウターで上ったのかな

衣川ダム手前から右折

胆沢に抜けて、去年kyo氏が唯一輝いた場所を走る。
スター区間で胆沢ダムまで頑張るも獲れず・・・

胆沢ダム前の直線

胆沢ダムに到着。
ここまで約50km。2人だとやっぱ早いね。
すごく疲れたけど。゚(゚´Д`゚)゚。

胆沢ダム

ゆっくり休憩したい気持ちもあるけどかえってだらけそう。
kiku丸氏の勤務もあるし、休憩5分ほどで出発。
つぶ沼まで流していきましょう!と言う。
いや、言ったはずだ!!

置いてかれる・・・

置いてかれる

見えなくなる・・・ヽ(`ω´*)ノ彡

おいてかれる2

しかし景色がいいなぁ。

この先のつぶ沼を左折。
この先にもスター区間があったはずだが
アラームが鳴らない。
どこからだっけと思っているとkiku丸氏が加速して
行ってしまった。区間始まったのかな?
追いかける。

つぶ沼から

500mくらい走ったところでアラームが鳴る。
ここからですよー!
kiku丸氏はショックを受けながらも加速を続ける。
ひどい風でかなり体力を消耗。
もう僕は踏めませんが、頑張るkiku丸氏。
ここもついていくのがやっと。
いや、僕だって牽きましたよ(20秒くらい)
そして区間終わりであわれな僕にKOMを譲ってくれた。

あとは厳美まで下り基調。

帰りの下り

途中、ポラーノで休憩。

ポラーノ

僕はフルーツミックスとチョコナッツ
オイシー

フルーツミックスとチョコナッツ

kiku丸氏は豆腐とトマトのダブルという
ヘルシー?なのをチョイス・・・
おいしかった?

腹を満たしてゴールまで5km
残り200mでスプリント勝負を持ちかけるも撃沈。
スミマセンでした。。。

走行距離87kmで平均速度29km/h。
かなり充実したトレー・・・いや、サイクリングでした。
ありがとうございました。
また良い景色を見に行きましょう!

筋肉の損傷が激しいので帰りのコンビニでタンパク質を
探すが、なかなか見つからない。
仕方なく肉入りのハンバーガーと・・・

クーリッシュ。
練乳だとか・・・
味は・・・
普通にバニラを食べましょう!!!!

クーリッシュ

帰宅して安定のスーパーカップで疲れを癒す

スーパーカップ


タグ :

2016 夏油ヒルクライム masa

 2016-07-07
masaです。
7/3(日)夏油ヒルクライムに参戦してきました。
KPACからは、masa、TAGU、kyo、kiku丸の4名。
mine氏がいないのが残念。来年は出ましょう。

第3駐車場に5時50分に到着。
駐車場はまだ半分以上空いている状態。
天候は、今にも雨が降りそうな空
そして木々がめっちゃ揺れるくらいの風。

6時20分。みんな揃い会場に向かう。
レース後の着替えをバッグにつめて荷物を預ける。
kyo氏とkiku丸さんにも着替えがあれば入れるよと
声を掛けるも、んなもんねぇ!との事。
今日は寒いと思うなぁ・・・
軽くアップしてカテゴリEの前の方に並ぶ。
カテゴリDのkiku丸さんは50m先にいる。

ヒルクライムスタート前

なんやかんやでスタート。
なんとなく流れに身を任せながらカテゴリDの先頭を
目指す。右から凄い勢いで上がって行く人もいるが、
1人1人パスしながら慎重に進む。
Dの先頭集団が20m先に見えたあたりで防風林が
なくなり風でスピードが下がる。
そして単走に・・・( ノД`)
もっと頑張れば追いついたと思うけど、先の体力の
事を考えて諦める。
どうやら集団と集団の間にいるようだ
みょうに疲れる。
結局同じくらいのペースの方々と3名で回しながら
(ほとんど牽いてもらったが)
瀬美温泉入口まで行く。
この時点で前回のペースより2分遅い・・・
ここからが坂本番。
既に出し切った感があり力が出ない。
しかし、さっきまで牽いてくれた人がそばにいる。
ついていこう!
その人と坂は牽いて、平坦は牽いてもらいを
繰り返しながら終盤まで行く。
残り2km。
その方はスパートして先に行ってしまいました。
ありがとう、秋田の方。すごく楽しめました(^-^)
最後まで全力で頑張ったけど前回よりも3分近く
遅く、45分53秒。。。

kiku丸さんは先にゴールしており41分40秒。
その後、TAGU氏は目標クリア?の55分08秒。
kyo氏はなんとか回収を免れ、1時間ちょいで
みんな無事に完走しました。

この後、恒例のスイカ!!安定の味★
kyo氏は10個も平らげたとか・・・
その頃には雨も本降りになり寒くなり、、、
着替えがないkyo氏とkiku丸さんはガクブル状態。
次回は着替え必須ですよ。

ゴール後スイカ

今回、タイムは残念だったけど、やっぱり楽しかった
夏油ヒルクライム。
スタッフや住民の皆さん、ありがとうございました。
タグ :

2016 夏油ヒルクライムTT masa

 2016-07-07
masaです。
報告が遅くなりましたが・・・
7月2日(土)夏油ヒルクライムTTにKPACから
TAGU氏と参戦してきました。
9~11時受付、12時まで試走、14時くらいに
スタートという日程。
今年は受付が、いわさき小学校体育館という事で
第1駐車場に10時頃に着きましたが既に満車に近い
状態。もっと早く行くべきだね。

TAGU氏と軽く試走。
この日は向かい風が強く、いい記録が出そうにないな
~などと考えながら前半の直線を流す。
しかも雨が降ったり止んだり・・・
カーブしたところで、この先は下り基調だから本番を
想定して上げ気味で行こう!とTAGU氏に声を掛けて
スピードを上げる。
例のアサヒナコーナーで看板の写真を撮っている
グループがいたので避けながら右カーブ。。。
おっとっと!危うく曲がりきれずにコースアウトする
ところだった。
・・・と、後ろを振り返ると
何故か端の方で草が舞い散っている。。。
ん!?
まさか!?
TAGU氏、コースアウトで落車!!!
すぐに戻ってケガがないか確認。
転倒ケガ
ヒジのあたりが痛々しい。
そしてジャージも破けている。
その他にも肩や背中にも傷。
そしてそして、kiku丸さんに借りたDHバーの先端が破損。
自転車本体は大丈夫そうだが、草まみれ泥まみれ。
CORRATEC DOLOMITIが
コケテックの泥美になってしまった・・・

転倒あと
一歩間違えば大怪我という場所。
転倒跡

TAGU氏のテンション下がるも、心拍は上がり
ヴーヴーとアラームが鳴るTAGU氏の心拍計。
大丈夫大丈夫と声を掛けるも、心の中では痛々しい
TAGU氏の背中と泥まみれの車体をカメラに収めたい!
・・・と思いつつ、不謹慎なので必死にこらえる。

しかしTAGU氏はめげていません!!
本番に向けてパンを食う!
パンを食う!
パンを食う!
一体何個食べたの(゚д゚)

そして本番。
TAGU氏復活★
TTスタート前

TAGU氏スタート20秒前!
なかなかクリートがはまらない・・・
ずっとカチャカチャやってるが大丈夫か!?
スタート直前にやっと嵌り先にスタート。
その次の次に自分がスタート!
やはり前半の直線は厳しい風との戦い。
しかし負けずに漕ぐ。
民家を過ぎたあたりでTAGU氏に声を掛け越す。

折り返して例のアサヒナコーナーへ。
先程の苦い出来事を思い出しつつラストスパート!
全力出し切って、昨年より遅いタイムでゴール。。。
9分30秒
過去4回走ったけど、3回は似たようなタイム。
ミスターアベレージというか、成長してないなぁ・・
TTバイクなのに(;д;)

TAGU氏も全力且つ安全に走り切りました。
良かった良かった。
いやぁ、やっぱ楽しいですね。
来年は是非チームTTでも出たいものです。
タグ :

2016 夏油ヒルクライム (Kiku丸)

 2016-07-04
Kiku丸です。

7月3日 、 夏油ヒルクライムに参戦してきました。
前日のタイムトライアルは仕事の都合で出れなかったので
ヒルクライムで全力を出し切ろうと思っていました。

今回、気負いすぎていたのか
スタートでチームメイトが隣りにいないからか
緊張してしまい、スタート前に写真を撮り忘れ…
スタートラインの最前列なんて未だ無いことだったので
撮っておきたかったのですが…

ちなみにスタート地点の右側には
選手たちを見送るブリジストンアンカーの藤田選手の姿が☆
毎度来ていただきましてありがとうございます。
一昨年、ゲストで来ていた飯島選手に走りながら
ポジションのことなど
アドバイスを受けて嬉しかったのを思い出しますな☆
(誰かに写真を撮ってもらいたかった…)

今年のゲストの方もTTはブッチギリでしたね。
ヒルクライムは最後のスプリントで離せばいいだけなので
数秒しか差がつかないですが、それでも、かなり余裕なんでしょうね。
エキスパートの方々のブログを見ると
ゲスト選手は直線も戦闘を引っ張って、
登りになっても先頭で、最後の1kmでちょっと本気出す…
って状況のようですね…さすがプロ!!

話が逸れてしまいましたが
僕のスタートの話。
毎度のごとく、スタートまでのカウントダウンとともに
高まる心拍。 3,2,1 スタートっ!!
で中々ハマらない左のクリート!!
先頭に並んだのに、クリートがハマった頃には
20m程度の差が! 結構焦ったけど
ダンシングしながらスピード上げていくと
カテゴリーDの先頭がすぐそこに。
風が強いので皆一列になってます。
スピードも30km/hくらい。
いつもなら35~40km/h出てるんだと思いますが。

そこから直線は大体1列になって
たまに追い上げていく人たちがいるくらいですね。
風が斜め前からなので、1列になっていても
いまいち風除け効果が無いような…

30km/hそこそこなのですが
風のせいで付いていくので精いっぱい。

直線が終わる頃には
後ろのカテゴリーの人たちもどんどん来まして
カテゴリーDの人が僕の前に何人いるのかわからず…

なんやかんやで登りに入る。
列の3番手くらいにいたのですが
一気に脇から抜かれ集団の20~30番目位に…
こんなに後ろにくっついてたんだって感じですね^_^;

そこから早い人たちとはどんどん差が離れていく…
しかし大半はペースがそれほど上がっていない。
ペースが合う人 数人で進む。

カテゴリーABCの人たちやエキスパートから落ちた人たちもいて
やはりカテゴリーDで何位なのかわからず…
とりあえずDの400番台の人を見つけると
少し後ろでロックオン。
それで2~3人抜きました。あと何人いるのか…

黄色のジャージの400番台の方に
300番台の方が後ろに付く。
その後ろに僕が付いて3人で残り1.5km。
前の2人は僕に気付いていないようです。
最後の坂を登り終えるかどーかってところで
前の2人がダンシングでスパートの体勢。
2人並んで顔を見合わせ、
「スプリント勝負するか?このやろう」
「受けて立つぞ!このやろう」的な状況。
僕も並び立って3人でのスプリント勝負もおもしろいかと思ったのですが
とりあえずシッティングのままギアを上げていく。

内側から並びかけ、前に出てみるが
2人は加速が早すぎたのか、もう息切れかな?
そのまま加速していくが僕も直線に入る前に息切れ…
前には誰もいないので下ハン握って、下を向いたまま
我慢の時間。 多分40km/mくらいしか出ていない…
後ろから2人が迫っているのか確認する余裕なし…

ゴールラインが見え、カメラも見える。
どんなポーズでゴールしようか…
手放しで両手を広げようか、ボルトのポースか…
頭をよぎりましたが結局 下ハン握ったままゴール☆

計測機器を外してもらい、急いでゴール地点へ。
masa氏のゴールシーンを撮ろうと思ったのですが
毎度のことながら、近くに来ないとよくわからない^_^;
「あっ、masa氏だ!」と思って何枚か撮りましたが
全部ピント合わず…腕のせいか、スマホの性能のせいか…

その後TAGU氏、Kyo氏もゴールしまして
いつものようにスイカを食べながら談笑。

僕とKyo氏は着替えも無く、半袖短パンで
寒くなって、室内で休憩。
下山は最後尾の集団で帰ることに。

下山後に待っているのはいつもの
からし漬けキュウリが一本丸ごとのったカレー(^-^)
KPAC4人で大盛りを注文☆
もう少し足してくれと交渉するも
お代わりしてくれとのことなので、すぐ喰って
また列に並ぶ。2杯目をゲットしたところで
カレー鍋のカレーが無くなる。
masa氏もお代わりの列に並ぶが、
カレーが無いため、しばし待つことに。
体育館の中では何かのイベントをやってる様子。

毎年恒例の抽選確認をしに中に行くが
抽選番号の貼りだしは無し。
つまり抽選が無い!? 
んでタイムトライアルの結果や
昨年のDVDを見たりしつつ…
誰からともなく「帰りますかね?」ということで
解散。 皆出し切れたとのことで
満足な大会でした。

STRAVAで記録したタイムは40分49秒だったのですが
公式タイムは41分40秒とのこと…

7/4 12:00現在、まだ夏油ヒルクライムのHPに結果は出ていません。
くるんくるんサイクルさんのブログで
今年も写真の公開はあるのかを楽しみにしたいと思います。

来年はTTも出たいですし出るならTTTも出たいですね☆
ヒルクライムも更に一段上に目標を据えて頑張って行きたいと思います。
STRAVAでの今年の走行距離は850km程度。
速い人たちは2~3000が普通で
中には6000kmに迫る人も( ゚д゚ )
走れば走るほどに速くなる。これは間違いないようです。

ただ、今年は資格勉強にむけて、
自転車はペースダウンですかね~、残念(>_<)
タグ :

夏油ヒルクライム初参戦! TAGU

 2016-07-03
TAGUです。

今回は夏油ヒルムライムに初参戦させて頂きました!

心配していた天候ですが、心配していた通りの天候となり、1日目のタイムトライアルはレースが始まる少し前あたりから雨が降ったり止んだり、強くなったり弱くなったりを繰り返していました。

しかし、初めて参戦するタイムトライアルと大会の雰囲気に高揚感は徐々に高まっていました!

2016夏油ヒルクライムTT風景1

しかし、そんな気持ちを一気に盛り下げる衝撃の出来事が!!(といってももうみなさんご存知ですよね(^^;))

TTの試走期限があと少しだったため、masa氏と最後にコースの下見に出かけました。

先週試走していたので、大体コースのことはわかっていたのですが、肝心なことがわかっていませんでした。

そう、「アサヒナコーナーの恐怖」です!

先週はアサヒナコーナー付近をゆっくり走り、「こんなとこに突っ込む人いるんだなぁ」って笑いながらゆっくり通り過ぎていきました。

しかしその日は本番に近い感じで回ろうとして、少し早めのスピードでコーナーに差し掛かりました。すると、「アサヒナコーナー」の写真をとっている方々が!

そんなに意識したつもりはなかったのですが、少し避けようとしたのか、気が付いたら路面から田んぼの方へロードバイクが向かっており、「軌道修正できない!」って思った時には草むらで一回転していました。

その時思ったことは「いろいろ終わった」でした。

「今日と明日の本番に出れない」、「Kpacのみなさんに迷惑をかける」、「職場の人達に迷惑をかける」・・・、一瞬でしたが本当にいろいろなことを考えました。

幸いマシンはほぼ無傷で、ケガも草むらに突っ込んだのでそこまでひどくはなかったのですが、5月に買ったばかりのジャージが画像のようになり、

落車後ジャージ

KPACジャージに穴があき、

KPAKジャージ穴

kiku丸氏が貸してくれたDHバーのキャップ部分が吹っ飛ぶというという損害が発生しました。(本当にすみませんm(_ _)m)

DHバー

落車はいつか経験すると思っていたのですが、やっぱり実力以上のことをやろうとする時にやってしますものなんですね・・・。

かなり苦い経験でしたが、これを何とか糧にしていきたいと思います。

何とか気を取り直してTTのスタート地点へ!

TT2016スタート

初めてビンディングをつけてのスタートだったので予想以上に焦ってしまい、ビンディングがはまったのはスタートの13秒前(masa氏より)でした。

レース中はとにかく「アサヒナコーナー」のことだけ頭に入れ、全力で飛ばしていましたがあっさりmasa氏に抜かれ、すぐ後からスタートした人に抜かれ、さらに後からスタートした人に抜かれたのを抜き返し、何とかゴールしました。

タイムは11分2秒と目標の10分40秒(kyo氏タイム)を上回ることができなかったのですが、かなり恐怖心がある中だったので自分の中では健闘した方かと思います。

さて、2日目、本番のヒルクライムの部を迎えました。

先日の恐怖心はそんなに払拭できませんでしたが、ヒルクライムは4人での参加だったため、KPACの方々と談笑することができたため、少しリラックスできました。(masa氏だけではリラックスできなかったわけではありませんよ!)

アップも終え、いよいよスタート地点へ!

ヒルクライム前

噂どおりの人数に再び心拍が上がるも、スタートが近づきました。

スタートと同時に予想以上の人がなだれこみ、再び落車の恐怖がよぎりスタートダッシュに失敗しました。

そして、気が付くとKPACの人が誰もいない!

しかし、masa氏、kiku丸氏の助言通り「とにかく誰かについて行く作戦」のおかげで平坦コースは今まで見たことのない速度で駆け抜けることが出来ました。

本格的な坂に入ると、女子(ジュニアも?)や後続の人達にあっさり抜かれ、「自分の実力はこれ位なんだ」ってことをまざまざと思い知らされましたが、何とか食らいつき、目標タイムの55分を越えるか越えないかというタイムでゴールすることが出来ました!

ゴール地点のすでにゴールした方々を見て、やっと達成感が湧いてきました。

ヒルクラムゴール地点

レース後の雨のせいでゆっくり休むことはできませんでしたが、達成感は今までの単走とは比べものにならないものでした!

次回は(その時の状況によりますが)、何とか50分切りをしたいと思います!
タグ :

盛岡遠征 (Kiku丸)

 2016-07-02
Kiku丸です。

6月30日と7月1日の二日間
盛岡に出張してきましたので
ついでにサイクリングを行ってまいりました。

出張は勉強会なので一日中座りっぱなしで
体もバキバキな上、天気も微妙…

とりあえず会場付近のスター区間を探す。
ナンショウ山という所がスター区間が連続しており
最後に1.5km 、 17.8%というのに惹かれ
そこに向かいつつ、御所湖脇を通って北側から
戻ってくるルートを選択。
地図的に30~40kmくらいだろう。

鹿島公園という公園を見つけ、
誰もいない駐車場で準備をする。

ナンショウ山に向かい少し登り始めた所で
雨が降り始める…
一旦降りて天気予報を確認するが
降っても降水量0mmのようなので
このまま向かうとする。

これは登りながら撮った写真☆
630橋の上

写真だとわかりにくいですが
正面の山は結構な斜度でした。

この後、2個目のトンネルなのですが
結構長くて、路面が濡れてて、怖かったです(>_<)

トンネル過ぎるとドンドン下る。
ムムッ!! 今の所、凄い登りは無かったが
この下りの後に登り返しかな?
しかーし、ドンドン下る。下りっぱなし…
目の前に山が無くなった^_^;
T字路に当たったので、一旦降りてルート確認☆
すでに御所湖側に降りてしまったようだ。
17.8%の坂はいったいどこに…

とりあえず降ったりやんだりの天気なので
あとは御所湖付近を気持ちよく走って帰ることに。

630愛社と御所湖

車道とは別に歩道と自転車道が一緒になった
サイクリングロードがありました。

ただ、段差などもそこそこありまして
車道を走った方がサイクリストは安全な気がします。

630大観
これは数年前に泊まったホテル大観☆
見た目はアレだけど中はキレイで
安くてバイキングで割と満足した☆

なんだかんだで、ずぶ濡れになる前に帰還。
とりあえずストラバを確認してみると
17.8%のスター区間が記録されてない!!
まぁ登った記憶も無いが…
よくよく見ると区間は2個目のトンネルと重なっている。
区間が無くなったのか、斜度の表示が間違っているのか…
ちなみにその他の区間はなんとも言えない記録でした^_^;

630カキゴヤ
その後は腹ごしらえ☆
課長おすすめの【三陸水産組合?】とかいうところで
大盛り漁師飯というものを頼んでみました。

量もあって美味しかったっす☆
ちなみに1280円

その後、予約されてるルートインに向かうと
まさかの【夕食付プラン】!!
今、喰ってきたし!
ただ、僕は実はフードファイター!
すぐさま、とんかつ定食を平らげる。

夏油ヒルクライム前に体重が増加…
なんてこった…

ちなみにルートインのとんかつはイマイチね…

最後に御所湖付近で写真撮ってる時に
間違ってINカメラになったまま撮っちゃって
結果、ジドリになったやつ
630ジドリ
タグ :

仮想 2016夏油ヒルクライム (Kiku丸)

 2016-07-01
Kiku丸です。

2016夏油ヒルクライムが迫りましたので
本番前に例年通り
束稲ヒルクライムを実施しタイム予想をしてみます。

ちなみに昨年、masa氏と話した結果
束稲ヒルクライムで25分を切れれば
夏油ヒルクライムで40分を切れるという予想。

昨年は束稲で27分、夏油で44分
その前は束稲で30分、夏油で48分

さて今年は…

束稲は走り慣れてるのでペース配分などもわかってるつもり
できれば前半割りと攻めるけど
できれば後半の斜度が少し緩くなってきた所から
どんどん上げていきたい。

今回はいつもと違うことが一つ
いつもはスタート地点の信号で
一旦止まってからスタートするのですが
今回は信号が青で車もいなかったので
そのまま右折しながらスタート。

これで10秒位縮まっちゃったかも…
ケイデンスが80以上にならないように
できるだけ踏んでいく。
束稲山に入る左折前の坂で
多少息が上がってくるが頑張りすぎないように抑える。

しかし、左折後に帰りたい病が発症…
漕ぎ続けてはいるがペースは上がらない…
いやいやいや、何しに来たんだ俺は!!
気張ってなんとか自己ベストの更新をしろよ!
ってことで自分に喝をいれ
下を向いて、一心不乱に漕ぐ!
あんなに下ばっか向いて走ったこと無いかも…

ゴール後に久しぶりに降りて休んでしまうくらい
出せるものは出した…と思う。

んで疲れちゃったので、ホントは束稲を前沢側から降りながら
いつもよりさらに北側におりて
帰りながらスター区間をいくつか通りながら帰る予定でしたが
そのまま直帰! めっちゃ疲れた!

んで帰って確認したストラバの記録がこちら
628束稲ストラバ

とりあえず自己ベスト更新☆
タイムは25分15秒
なかなか良かったような
お前に40分切りはまだ早い!!的なタイムの様な…

こんな感じで、昨年のように落車しなければ
40~41分というところではないでしょうか…

なんとか一気に40分切りたいが
今の所、日曜日の天気も微妙そうだな…
来年に持ち越しか…
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫