FC2ブログ

枯木峠クライム masa

 2015-10-30
地元に千厩や川崎に抜ける峠道がある。
枯木峠 頂上まで距離4.9km 平均斜度5.8%
10%超えもあるけど20分もあれば登れるし自宅から自走10分のところなのでお手軽。
せっかくなので最近覚えたSTRAVAでKOMゲットしに行く。
まだ数人しか走っていないし1位の人でも20分オーバーなので確実に獲れるだろう。

スタートは松川から川崎行きの道にT字路看板あり千厩行き左折から

1_convert_20151024182655.jpg


この時期だと枯葉や小枝が多く落ちているが車の通りも適度にあるので大丈夫。

3_convert_20151024182728.jpg


途中、昔よく攻めた180℃カーブがある。
平坦区間は3ヶ所ほどあるが逆にここは踏むべきなのか。。。

2_convert_20151024182715.jpg


STRAVAゴール設定は頂上を過ぎて50mくらい下ったところ。
KOMゲット☆

4_convert_20151024182741.jpg


反対に千厩側から登ってくるSTRAVAスター区間もあるがまた今度。
kiku丸さんはこっち方面に来る機会があると思うので是非!!
みなも地元のイイ山があったら教えてください。
スポンサーサイト



タグ :

STRAVAで自分のスター区間を作成しよう masa

 2015-10-28
stravaのセグメント機能では自分でもスター区間を作成できる。
ただし、その区間を1度走って走行ログを取っておく必要がある。
この前KPACで走った、胆沢ダムからまつるべへ抜ける新道路があった。
そう、kyo氏がうつむきながら走った上り坂。
その一部区間をスター区間として作成してみた。
スマホでの方法が良く分からないのでPCでね。

1.Stravaを開いてログイン。トレーニングメニューからトレーニングログをクリック

1.jpg

2.該当のルートを走った時の所にアイコンを合わせると吹き出しがでるので、その見出しをクリック

2.jpg

3.走ったログが出るので、画面下の「新しい区間を作成」をクリック

3.jpg

4.スタート地点とゴール地点を設定し「次へ」をクリック

4.jpg

5.区間の名前を付けて、「この区間をプライベートに設定する」のチェックを外して、「作成」をクリック

5.jpg

6.メニューの「探す」から「区間を探索」すると、出来上がってる

6.jpg
8.jpg


よさそうなルートがあったら作成しましょ。

束稲ヒルクライムは作成済みだす。
タグ :

自転車がほしい☆(kiku丸)

 2015-10-26
kiku丸です。
ロードバイクに乗ってしばらくすると
大体、皆が思うことがある。
それは違う自転車がほしいということ。

今乗っているロードバイクに、
不満があるのではなく、
興味が出てきて、色々ほしくなってしまうのです。

最初にロードバイクの
アルミのエントリーモデルを買ったとする。
次は、カーボンに乗ってみたいな☆
見た目もカッコいいTTバイクもいいな☆

2台持ちになったら、
アルミのほうで通勤しちゃおうかな☆
通勤時に雪道でも行けちゃう
マウンテンバイクもほしいな☆
んー、間とって
シクロクロスとかも乗ってみたいな☆
てか、このダウンヒルバイクとか
見た目すごいな…乗ってみたいな☆
オシャレイメージで
街乗りミニベロなんかもいいな☆
あっ、梅雨時期にローラーやったり
屋外走ったり繰り返すので
掃除を頻繁にしたくないから
やっぱり2台目のロードバイクがほしいな☆
ローラー用なら、
最悪ブレーキ無くてもいいな…
なんならFDもなくても…
コンポも10速ティアグラでいけるな…
でも、ブレーキ、FD追加で外走れるなら
走れるようにしておきたいが…
それなら、5700系以降のシフターを使いたい…
見た目のインパクトで
ホイールはカンパシロッコ辺りでいいか…
つーか、そんな金は無いから
やはりブレーキ、FD無しの
ローラー専用機がいいところか…
いや、通勤で使えばガソリン代が節約できて
2台目に使った分が回収できる…
通勤なら快適なロードか…
冬も行けるマウンテンバイクか…
オシャレミニベロか…

なんて妄想ループが繰り広げられてしまうのであった…
タグ :

国見平スキー場ヒルクライムしてきた (masa)

 2015-10-24
外でロードに乗れるのはあと1ヶ月くらいとなった。
今年は20kmTT実験と束稲を何回かしか走ってない。
単発であちこち走ったが。
今になってから「もう外で乗れなくなる」と焦りだし・・・
国見平スキー場までサイクリングしてきた。
この前のKPACサイクリングで衣川を通った時に
国見平スキー場行きはこっちか・・と気になっていたのだ。
国見平スキー場には小学生の時何度も滑りに行ったが
それ以来なので道が良く分からない。
まぁ行けば分かるべ。

夜勤明けだったので家に帰るとまったりしてしまう。
帰宅途中に舞川の道路沿いのピットに車を止めて
そこからスタート。

スタート

衣川にゆっくりと歩を進める。
国見平スキー場までは県道沿いから5.5km 
平均斜度約9%を登るのだ。



スキー場入口までは平坦なので気持ちよく走れる。
天気も良いし風も少ない。最高!
国道4号線を突っ切ってサンクスを右折。

サンクス

ここからはこの前のKPACサイクリングで通った通り。
しかしこれがサンクスとは。。。パッと見、分からない。
お土産屋さん的なたたずまい。
衣川途中でこんな看板が。

十景

衣川十景とか・・・
ここには菊の滝というものがあった。

菊の滝

他の九景が気になる・・・
そこから数キロ行くと国見平スキー場行きの看板が。
ここを左折。

入口

ここまで約40分走ってだいぶアップできた。
と!いきなり10%超の坂がお出迎え。
九十九折の間隔が長いので斜度もそれなりにキツイ。
直線100mとかが何ヶ所もある。

直線のぼり

たま~に斜度が緩み平坦、下り坂もある。
なかなか面白いコースだ。
斜度が緩む→ダンシング→はい10%
斜度が緩む→ダンシング→はい10%の繰り返し。
・・・面白いコースだorz

ガーミン先生がもうゴールだよという。
右折してゴール!
着いた。
着いたのか?
レストハウス的な廃屋があるが・・・

ゴール

まだ先に道はあったが・・・
行ってみる。
おうっ、なんだこの坂!!
ガーミン先生は斜度35%だよっていう。
そ、そんな事はないと思いますけど。
後でルートラボで確認したところ25%くらいだった。
心が折れる。脚も残っていない。
車が上って行く。やはりそっちがゴールなのか。。。
google先生に聞く。
スキー場は過ぎたよ!そっちは国見山だよ!!
では廃屋がゴールなのか。良く分からん。
廃屋に戻る。

上の方にもかすかにリフトが見える。

リフト

上まで行く気力もないし、そもそも来過ぎたかも。
ゴールした事にしよう。

HC001_convert_20151021023020.jpg

後から見たら分かれ道があって別の方を通ってたみたいだ。
google先生のウソツキ(*・`ω´・)ゞ

下山はウィンドブレーカー必須。
帰り道はやっぱりツライ・・・向かい風だし。
帰って寝る。

strava data

斜度はあるが30分くらいのヒルクライムなので束稲山とボリューム的には同等。
みんなも登ろう。
タグ :

STRAVAのススメ(緊急) masa

 2015-10-23
STRAVAのススメ

STRAVAというSNSをご存知だろうか。
自転車乗りの間では一般的になっているとか。
STRAVAって何?
簡単に言えば自分の走行ログをアップして
管理出来るサイト。
走った走行ルートや距離、獲得標高などが確認出来る。その他もろもろ。
その、その他もろもろがキモなのだが。
GPS付きのサイコンかスマホがあれば可能。
詳しくはこの↓ブログから見れば分かるだろう。
コチラ

SNSには興味はないが・・・
例えば、セグメント機能というものもあってサイクリング等で同じルートを走った人とタイムで競い合える。
夏油ヒルクライムや栗駒ヒルクライムのコースは
もちろんの事、近所のルートでもセグメント機能の
「スター区間」というものに設定されている場所が結構あり
masaの近場でいえば、束稲山ヒルクライムコースも「スター区間」に設定されている。
説明するのが苦手なので簡単に。

サイクリングしたいけどどこ行こうかな~
束稲山でも登ろうかな。
束稲山周辺のスター区間(ルート)を確認。
STRAVA登録者が過去に10人ほど登っているようだ。
なるほど。○○って人が29分で登って1位になってるな。
よし、1位GETするべくスターアイコンをポチっと。
スマホのSTRAVAアプリを起動させてスタート。
28分で登れた。
やった1位GET。。。。
※1位の事をKOM(king of mountain)というらしい。
どれどれ・・・STRAVAを確認。
おおっ、11人中1位になってる。
平均パワーは250W出ていたようだ。

ってな感じで、登録している人とその区間で競争できるのだ。
おまけに平均パワーまで出してくれる。
(簡易計算らしい)
ただサイクリングするよりも目的を持って走れるのでGOOD!
この前KPACのサイクリングで通ったルートにも
何ヶ所も「スター区間」が設定されていたよ。
ひめかゆ温泉付近から胆沢ダムのルートなんかは
kyo氏がKOMゲットしていたかも知れない。
みんな、面白いから何もいわずに登録するのだ。
mine氏は既に登録して、自宅周辺のスター区間のKOMを荒らすと息巻いております。
市内のスター区間をKPACで総なめにしよう。
ちなみに、1度走ったルートであれば自分でも
スター区間を設定できるみたい。

以下、簡単に登録の説明。
PCでもスマホでもOK!無料。
ちなみにバイクだけではなくランにも使えます。ね、TAGU氏。


スマホからStravaをダウンロード


securedownload_convert_20151022220221.png


アカウントを作成するか、GoogleかFacebookのアカウントがあればそこからログイン。


securedownload1_convert_20151022220247.png


プロフィール→スター区間
から地元のセグメントを探索する


securedownload4_convert_20151022220342.png


現在位置から近場のスター区間が表示される


securedownload6_convert_20151022220411.png


アルファベットをタッチすると、その区間の詳細が見れる


securedownload7_convert_20151022220425.png


☆マークをタッチするとスター区間として登録される。


securedownload8_convert_20151022220438.png


最初の画面に戻って「記録」をタップすると計測開始。
登録した区間を通れば自動計測されて
あなたは何分で何人中何位でした。平均何ワットでした。とかが記録される。


securedownload9_convert_20151022220450.png


急いで書いたので間違ってたらゴメンナサイ。

KPACメンバー登録必須ですよ。
タグ :

奥州湖眺望台ヒルクライム (masa)

 2015-10-22
masaです。
先日のKPACサイクリングで胆沢ダムに行った。
その時にオッチャンに勧められたダムを見下ろす展望台があった。
確かに山の上にそれらしき場所が見える。

展望台

やっとの思いでここまできたのに。
あんなとこまでは確実に行けない!
そもそもどこから行くの?と行くのを断念したんだけど
kiku丸さんから、オマエ行って来い!そしてタイム計って来い!と指示が。
ハイイッテキマス(*`д´)b
というわけで、翌日行ってきました。
場所は、ひめかゆ温泉を素通りして真っ直ぐ行くと奥州湖眺望台の看板あり左折。

奥州湖眺望台看板

白いガードレールがある所からスタート。
写真を撮ったはずが写ってなかった。
100m程進むといきなり斜度10%の坂。
その後も10~12%がずっと続く。
ほぼ10%を切る事はない。

奥州湖眺望台ヒルクライム途中

道は狭いが途中途中に待避所があり、車とは問題なくすれ違える。
そしてここの眺望台は今月から開放されたばかりなので
道路がキレイだ。
ただ、傾斜がキツイ。
九十九折なので先が見えない。
もうすぐ着くはずだが・・・なかなか着かない。
サイコンの距離表示は見ないほうがいい。凹むから。
上り切るとそこにはなかなかの絶景があった。

ダムの堤体を上から見下ろすことができるのは珍しい事だそうな。

胆沢ダムを望む


胆沢ダムに来たらここに立ち寄ることを勧めます。

奥州湖眺望台ヒルクライム動画



距離 1.88 km
時間 10分42秒
タグ :

今年はあるのか?パーククライムinさくらの(北上市)

 2015-10-20
昨年、静岡県浜松市で開催されたのを皮切りに
全国数ヵ所で開かれた、パーククライム☆

岩手県北上市の【さくらの】は
全国で2番目の開催でしたが、
今年は行われるのでしょうか?
【パーククライム公式サイト】もあるようですが
【パーククライムinさくらの】の
記事は公式サイト内にはありませんな…

パーククライムは商業施設などの
立体駐車場を使用し、
屋上まで一気に駆け上がる大会ですが、
北上市のさくらので開催されるパーククライムは
公開されている情報として
コース長は約400メートル、
斜度7~8度、
高低差30メートル程のコースとのことです。

YOUTUBEなどにUPされている動画を見ると
2階部分からスタートてすが、
斜面になっている付け根からのスタートで、
スタート時の支えなどは無いため、
ビンディングがすぐに嵌まるかどうかが
ポイントになりそうですね☆
ヘタしたらスタートで転ぶ人が
いても不思議じゃないですね。
また、斜面部分は平らではなく
凸凹していますので、
それも多少は影響するかも…

優勝者のタイムが54秒とのことで、
平均時速は26~27秒くらいになるのかな?
速いな…(゚∀゚;) 速いのか? 速いんだろな…(;  ゚ ∀ ゚ )
一関運動公園の坂を
ゼロスタートで1分で登るような感じかな…

ちなみに昨年の記念すべき
第1回大会の優勝者は
紫波の高校生(自転車部)で1年生らしいです。
その他の参加者のリザルトは
残念ながらわかりませんでした…
公開してほしいですけどね…
調査不足なだけかな?

KPACからは誰か参加するのかな?
(実力でmasa氏、地理的にtagu氏か…)

昨年は
参加費は1000円
先着50名の参加でした。

盛り上げるためなら
参加者増やしてほしいすな…
競技性を増すなら
本家の大会のように
3回のトータルタイムの計測とかもいいかもしれませんな☆

主催のNPO法人フォルダに電話して聞いてみようかな? 
第1回は先着50名の参加予定だったが、定員割れの32名の参加だったみたいです…
今年は無いか…

タグ :

ロングライド時の補給食☆

 2015-10-18
KIKU丸です。
先日、第11回 SUGOファンキーエンデューロで
レース中に補給食を食べた経験などを
交えてお勧め補給食を書いてみたいと思います。
ちなみに前述のレースではノンストップで
4時間走り続け、その最中に補給しなければいけないので
サイクリングなどでの補給食と分けて考えたいと思います。

まず今回、事前準備していった補給食はこちら↓
補給食SOYJOY

SOYJOY × 4 (単価 税込95円/個)
(アーモンドチョコレート×2、 146kcal/個)
(ピーナッツ×2、 144kcal/個)
スティックチョコレートケーキ × 2 
(単価 税込108円/個、 195kcal/個)
一本満足バー × 2 (単価 税込111円/個)
(チョコタルト ×2、 約190kcal/個)
(チーズタルト×2、 約190kcal/個)

【コスパ】
上記に書いてありますが
カロリーで見れば、
1本満足バーもしくはチョコケーキがイイかと。
1本満足バーが2本で済む所で
SOYJOYは3本入りますね。

【食べやすさ】
SOYJOYは固めで、食べきるのに時間がかかります。
ドリンクでも流し込みづらいです。
ケーキは食べやすいですが、クリームが挟まったものだと
手やジャージに付いた時に大変かな…
1本満足バーはそんなに食べづらくも無いけど
食べやすくも無いかな…急ぐ時はドリンクで流しこめる。

【携帯性】
大きさはどれもさして変わらないです。
1本満足バーが多少でかいけど、
ジャージの後ろポケットに余裕で何本も入ります。

【その他】
チョコ系は熱い日に携帯してはいけないですね。
時間が経つにつれ、ドロドロになってきます。
袋の空けやすさはあまり変わらず。
片手で持ちながら、歯で噛んで破れます。
SOYJOYと1本満足バーはギザギザの他に
切れ込みも入っていますのでGOOD。

【まとめ】
上記でいい所・悪い所書きましたが
サイクリングなら距離に合わせて好きな味で選んでOK。
でも、できればコンビニで買った方が
暑さでベロベロにならないですし、
美味しく頂けると思います。
先日の記事でもかきましたが
レース中にと選ぶなら全部ダメ(笑)
補給食を食べるのに心拍が急上昇しますし
ドリンクも大量消費します。
急いで喉に詰まります(死ぬかと思いました)

【おすすめ】
レース終わってからチームメイトに言われたのですが
コンデンスミルクは液状でハイカロリーだから
いいんじゃない?って話で
レース後に自宅で調べたら、
こんなの見たいですね↓
コンデンスミルク

雪印メグミルク 140g
(単価 税込約200円/個)(326kcal/個)

森永ミルク 120g
(単価 税込198円/個)(329kcal/個)
森永チョコミルク 120g
(単価 税込227円/個)(293kcal/個)

とりあえず買ってみました。
森永乳業 チューブ練乳 120g
走行中に補給しやすいです。
飲むに近いので詰まってしまうことも無いですね。
ただ、キャップを落としてしまいそうとか、
事前にキャップの中のシールを剥がしておかないと…とか
注意点がありますね。
背中のポケットに入れてても
邪魔な感じはありませんでした。
甘いので飲み物は甘くないのがいいと思います。
(サイクリング時はコーヒー牛乳を持って行ったので
 口の中が甘くて甘くて…)

何かあれば、さらに追記していきたいと思いますが
とりあえず、レース中ならコンデンスミルク☆
サイクリングならコンビニで好きなのって所です。




タグ :

KPACサイクリング(厳美~胆沢ダム~まつるべ)

 2015-10-16
masaです。

本日、KPACでサイクリングに行ってきました。
kyo氏、mine氏、kiku丸さん、masaが参加。
TAGU氏はリフォームの方が大事だ!という事で
不参加。残念。
コースはこうだ。
厳美道の駅に集合、そこから胆沢ダムまで行き、
まつるべまで開通したという道を通って厳美で
昼ごはんして帰ってくる。
朝、8時半集合。寒い。気温5~6度くらいでは
ないだろうか。
みんな服装に迷う。
でも日中は20℃まで上がるし天気も良いので
心配なし。
そう、今日は本当に天気が良かった☆
こんな時に自分の部屋の・・ゲフンゲフン(+ω+,)

スタートしてすぐに、mine氏オススメ?の
ふるさと林道を通る。

数キロの距離だがアップダウンが激しく道幅も
狭いがオモシロイ道路ではある。
世界遺産平泉をササーッと素通り。。。
旧4号線を通り衣川から西へ向かう。
時間が経つにつれて気温上昇。
朝の寒さもどこへやら。



胆沢ダム方面へ抜ける道路なのだが途中分岐点が
2~3ヶ所ほどあり2箇所目では斜度10.5%を
ヒルクライムした挙句、行き着いた先は衣川ダム。
ダムマニアのkyo氏がダムの造りがどうこう言ってたが・・・
戻る。
正規のルートに戻るもまたもヒルクライム。
kiku丸さんの様子がおかしい。
なんでも今日はアウター縛りなのだとか。。。
しかも10%の坂をアウタートップで。
ケイデンス20だとか。変Ta・・・

その後は平坦な道が続き胆沢ダムへ続く道路へ出る。
桜並木ロードだ

桜並木ロード

ここでmine氏のマシンにメカトラブル発生。
変速した時にキュラキュラ異音が鳴る。
走りには影響ないようだが。
オイル切れじゃないかという事で続行!

ひめかゆ温泉の近くでkyo氏が急にアタック開始。
なんとなくついて行くも追いつけない。
胆沢トンネルを抜けて胆沢ダム管理支所に到着。
kyo氏が最初で最後の山岳ポイントを獲得。

ここで休憩。

胆沢ダム到着

胆沢ダムはやっぱりデカイ!
観光客も結構来てたなぁ。
ダムマニアのkyo氏がダムの形がどうこう言ってたが
良く聞こえなかった。
観光に来てたお姉さんに写真を撮ってもらう

胆沢ダム集合

タクシーの運転手風のオジサンにダムを見下ろす
展望台に登るように勧められる。
山の上のほうにそれらしき場所が見える。
むぅ、今日は勘弁してやろう。
後でkyo氏が下見をしてkiku丸さんがアタックするらしい。

さぁ、新しく出来た道路へ向けて進む。
mine氏が奥州湖湖畔を通る道を行こうと提案。イイネー!
行こうとするも・・・門が閉まっている。行けない。
その後、石渕トンネルを抜けて地味な登り。
地味にツライ。
一関方面の看板あり、ここだ!と左折する。
くだるーくだるー
おお!立派な道路だ!

ニューロード


橋を渡り於呂閉志神社とやらがある、こんもり山が
見えるところでパチリ!
日本とは思えない景色に見とれる。

こんもり山

天敵のカメムシが大量発生していた。
逃げろー

kyo氏がこの先の道路を心配している。
この先登らないよね???
mine氏がこの先はここから先は登りはないよって言う。
ホッとする一同。
下り基調のところでkiku丸さんがアタックしろと指示



kiku丸さん中間スプリントを制する。

新しい道路は走ってて気持ちイイネ☆
あれ?中盤からやたら登りが続くじゃないすか
mine氏(ll゚д゚ll)
kyo氏が遅れ始める。
大丈夫!あれを登れば先は下りだ!
残念。その先も長い上り~・・・
kyo氏が遅れ始める。
30Tをもってしてもケイデンスが上がらない。
呪文を唱えて下の白線を見つめている。
何かのトレーニングなのだろう。
長い上りを越えると今度は長い下り。
数キロ行くと、まつるべ道路に抜けた。
終わってみれば良い道路だったな☆

みんな腹減り~厳美の山草小屋で昼食。
みなさん満腹!!
その後はチームTTの如く爽やかに飛ばしてゴール☆
個人的には最長ライド。
今度は逆うちで?また行きましょう。
TAGU氏、引越し終わった?

距離 約82km
時間 5時間ちょい?
獲得標高 1,000m?
カロリー消費 1,000kcal?
タグ :

束稲ヒルクライム(前沢側)

 2015-10-15
masaです。
来年のSUGOファンキーエンデューロに向けて練習
出来るイイコースがないかな〜と束稲山を前沢側
から登ってみた。
頂上までは6kmくらいだったと思うけど、最後の2km
はアップダウンあり。
なので最初の4kmだけ走ってみた。

最初の1km 平均斜度8%
1〜2km 平均斜度12%
2〜3km 平均斜度9%
3〜4km 平均斜度7%



最初から急勾配。
最初の2kmだけでもいい。
ここを登る練習しとけばSUGOのダンロップ坂は
難なく?クリア出来るかも知れない。
もしくはインターバルとか。

下りはSUGOのバックストレートよりも速度は出る。
77.7km/hだった。息が吸えなくなるし、
脇から何か出てきたら死んじゃう。
‥危ないので止めましょう。

そう、下りは思った以上に曲がれなかったり、
タイヤがロックしたりしてしまう。
なるべく安全に下ろう。

来年のSUGOファンキーエンデューロ前に
少し練習してみようかな。気が向いたら。
タグ :

コソ出場 失敗・・・ 2015北上マラソン(masa)

 2015-10-14
masaです。
今年はトライアスロンに3回出たけど、
全てランで失速、撃沈となっている。
自転車こいだ後に脚が動かないし攣ってしまうのだ。
過去のランタイムを見てみた。

今までのトライアスロンでのランタイム(10km)
※アクアスロンは除く

2013年
・おしんレース 52分38秒(両脚攣った→歩いた
・秋田芭蕉レース 52分25秒(脚攣った→歩いた
・新潟トライアスロン 48分50秒(脚攣った→歩いた

2014年
・おしんレース 46分07秒(脚が重いがなんとか走りきった
・笹川流れトライアスロン 45分36秒(まともに走れた

2015年
・おしんレース 50分23秒(脚攣った→歩いた
・釜石トライアスロン 48分41秒(腹痛で撃沈
・新潟トライアスロン 56分32秒(脚攣った→歩いた

まともに走れたのは8大会中、2014年の2回のみ。
2014年はモチベーションが高く、バイク→ランの
複合練習を何度かしていた気がする。
しかし50分オーバーが多い。
そもそものランの今の実力はどんなもんなんだべ。
マラソン大会は2013年に出場した一関市民マラソンのみ。
その時は強風にやられて涙を呑んだ記憶がある。
結果45分06秒。
このタイムは越したい。
いや、あわよくば43分台には乗せたい。
というわけで好タイムが出るらしいという噂の
北上マラソン10kmの部にコソッとエントリー。
TAGU氏も出るんだったな。
でも自分は出れるかどうか予定的に怪しいので
言わないでおく。
それに・・・
ラン中に声を掛けてTAGU氏の心拍数を上げてやろう
( ̄▼ ̄*)
などと画策。。。

大会前日、TAGU氏からLINEが入る。
スタートリストにmasa氏の名前あるけどもしかして
出るの?
・・・バレたか・・・つまらん。ツマラン!!
練習は、トライアスロンや
SUGOファンキーエンデューロの燃え尽き感もあって
なかなか出来ず。10kmを1回、4~5kmを
3回走ったが・・・少ないな。
得意の火事場のなんとやら・・・に賭ける。

大会当日。
夕べは家庭&身体的事情により一睡もしていない。
ツライけど駐車場確保の為に早めに会場入りして
横になる。
風はない。しかし雨!やめるべかぁ・・・
午後は仕事だし。
いかん、TAGU氏を激励せねば。
重い腰を上げて、アップ。200mくらい走る。
大丈夫、走れそう。
TAGU氏発見!真剣にアップしている。
後ろをストーキング
TAGU.jpg


人数はかなり多い。
コースはザックリこんな感じだった。
5kmを往復するコース
往路は基本平坦だが、若干アップダウンあり。
全体的にやや下り基調。
復路はやや上り基調。
前半とばすと後半の地味な上りでヤラレルだろう。

スタート位置につく。
作戦はこうだ。
前半・・・心拍数を抑え気味に、自分と同じ速さくらいの人についていく。
後半・・・自分より少し速い人についていく。
最後・・・残り2kmからスパート!

START!!
スタートして陸上競技場を出る。
道路に出るが雨のため轍の水溜りが地味に邪魔。
避けながら走る。
2kmほどでいいペースメーカーの女子と出会う。
5kmまでついていく。
5km地点を折り返す。女子のペースダウン。
追い越して新たな出会いを求める。
TAGU氏が思ったより速い位置ですれ違う。
苦しいが平静を装って爽やかに声を掛ける。
うん、調子良さげに見える。

7km地点でジェントルメンに越される・・・も
ついて行ける。
自分より少し速いペースと判断。
ジェントルメンにロックオン。
尾行開始。
ここでまたTAGU氏とすれ違う。
死にそうだが満面の笑みを演出、さっきより
ハイテンションで声を掛ける。
ん・・・さっきより間隔が開いたが大丈夫だろうか。
さて、ジェントルメンにゴール付近までなんとか
ついて行く!
作戦である最後のスパートが効かなくなるが仕方なし。
ゴール地点の陸上競技場へ入る。
ガーミン先生はもう10km過ぎたYo~と言っている
タイムは42分30秒ほどだ・・・が
ゴールはまだ150mほど先にある。。。なぜ。
あ、人が多くてスタート位置が中盤だった・・・
のを思い出す(;´-`)

43分切-------れなかった。
結果 グロスタイムで43分05秒。

完走証

※グロスタイム・・・スタートの号砲からゴールまで
※ネットタイム・・・スタート計測地点からゴールまで

これ、人が多くてスタート地点に辿り着くまで何十秒か
かかるからネットタイムでリザルト出して欲しいなぁ。。。

なんとなく43分は切りたかったが、まずは目標達成。
雨でズブ濡れになったけど、なんか久々に全力出し
切った感があり満足。
こんな感覚でトラも走れたらなぁ~。
というか、マラソン大会オモシロイんですけど☆


平均心拍が170bpm越えてるからサボらず頑張ったようだ。

DATA.jpg

1km毎のラップなどなど。
見えないか・・・

ペース

終了後、抽選あり 
ストップウォッチやら温泉宿泊券やらが当たる。
無料昼食券と引き換えで、とん汁、おにぎりを頂く。
旨し。
大会は全体的に雰囲気も良く、オススメです。
来年は国体の関係やらで開催されないらしいが、
いずれまた出たい。
タグ :

最高ケイデンスの上昇は何をもたらすか?(KIKU丸)

 2015-10-13
KIKU丸です。

最高ケイデンスを上昇させると何がよくなるか?
ということですが

単純にペダリングスキルが向上すると思います。
初心者などペダリングがスムーズにできない場合は
ケイデンスを速くすると、お尻がポンポン跳ねて
ある程度以上はケイデンスを上昇できなくなります。

サイクリング、レース時に
ケイデンス200も回すことは
ありえませんが、
それ以上に回せるということは
120程度であれば苦も無く
スムーズに回せると思います。

KIKU丸自身は
高ケイデンスより70~80位で
まわすことが多いですが
サイクリング・レース時に
走り方を選べるというメリットがあると思います。

足が攣ってしまって
重いギアだと回せなくても
軽いギアでクルクル回すことはできる。

電動コンポで変速できなくなった場合(特にインナーで)は
(まぁ、稀だと思いますしワイヤー式だから関係ないけど)
ケイデンスでしか対応できませんし…

回せないより回せるほうがいいと思うってことです。
プロ選手(競輪選手なども)の
高ケイデンスの動画とかも見たことありますし、
必要無いかもしれないけど、
できないより出来る方がいいと思う位で…

ケイデンス上昇の為のトレーニングは
必要無いと思いますが
その日の乗り始めなどに
一回試してみるのはイイと思います。

※仰々しいタイトルとは裏腹の
 中身の薄い内容になってしまいました。
タグ :

2015北上マラソン TAGU

 2015-10-12
TAGUです。

今年の最大目標であった北上マラソンに参加してきました!

今年で3回目。
例年同様に前日受付を行い、パンフレットで参加者を確認。

そういえば、mine氏が出るって言ってたなぁと思い、「mine氏」、「mine氏」と名前を探していたら、「mine氏」ではなく何も言っていなかった「masa氏」の名前が!!

最初本気で思ったことが「替え玉か!」ってことでしたが、「そんなことをしてもメリットがない!」と思い直し、masa氏にさっそく確認したところ、トライアスロンのトレーニングの一環としてして参加するとのこと。(2度ほどしらばっくれられましたが・・・。)

そんなこんなで、北上製紙ACからは2名の参加となりました。

前日の降水確率60%だったので、途中で降るかなと思ってはいたのですが自転車で会場に向かう途中から降りだし、早くも想定外の展開に・・・。

雨の中到着した会場は公務員ランナーの川内選手が参加ということもあり、大会独特の活気のある雰囲気に!
20151012_144045.jpg
20151012_144117.jpg

先にフルマラソンがスタートなので走りを見てみようと思い、コース脇へ!
・・・、42.195km走るスピードではありませんでした。アナウンスの情報によると、10㎞あたりの平均は32分台だったそうです。(どうしても動画がほしかったので写真を撮れなかったのが残念ですね。)

さて、興奮さめやまぬまま10kmのスタート地点へ。朝から音信不通のmasa氏を探すも確認できず。
折り返しで会うかなぁと思いつつ、スタートしました。

今回は初めて心拍計を装着したので、とりあえず170前後を目安に走ろうと思ったのです、すぐに「180」を超えて全く下がらない!!
でも、これ以上ペース下げるわけにもいかないので、180前後をうろうろさせながら走り続けました。

雨のせいで路面が滑りやすいだけでなく靴がどんどん重くなっていく・・・。これはなかなかハードなレースになると思い、すでに自己ベストへ黄色信号が灯りました。

降り続ける雨の中、最初の5㎞の折り返し地点へ。
すると前から折り返してきた「masa氏」を発見!元気に手を振る姿を見て思ったことは「なんでこの人こんなに元気なんだ・・・」でした(笑)「カーボンのフレームに乗っているからか」と納得し、その後もレースを続けました。
相変わらず心拍が180を切らないまま6kmを過ぎたあたりで、再び折り返してきたmasa氏を発見!笑顔で手を振る姿を見て再び思う。「なんでこの人こんなに元気なんだ・・・」「カーボンのホイールを使っているからか」と納得しつつも、さっきより距離が広がっていることに焦りだす。

後半最後の難関の坂を上り切り、ゴールの総合運動場へ!雨は小降りになりましたが、シューズが重くなっておりタイムはすでに自己ベストは絶望的な状況。このまま50分を切れないと再びkyo氏からACの返上を言い渡されるので、最後は心拍180後半になりながらペースアップ。すでにゴールしたmasa氏からの「ダッシュ!」の声もあり、何とか49分36秒でゴールすることができました!
20151012_144022.jpg

今年の集大成にしていた大会だったのでタイムは不本意でしたが、練習不足感は否めなかったので50分切れたのはロードバイクのクロストレーニングの効果があったからかなって思ってます。

来年は国体のため中止になるようですが、再来年こそは「47分切り」を目指したいと思います(^_^)b
タグ :

最高ケイデンス測定☆(KIKU丸)

 2015-10-11
KIKU丸です。

先日、久しぶりにロードバイクに乗りました。

トレーニングというほど過酷なこともせず

ただ、サイクリングで…と言うほど快適でも無く

なんとなく1時間ほどブラブラ乗ってみたのですが

ふと、ファンキーエンデューロのアップ時に

インナーローでシャカシャカ回していた時の事を思い出しました。

それまでは最高ケイデンス196の表示が最高だったのですが

199まで出ました。自己最高記録ですが

その後、何度もやったが199までしか出ませんでした。

「これはもしや、表示は199以下なのでは…」

では、改めましてもう一度ケイデンスMAXに挑戦してみます。

やはり【199】までしか出ませんでした。

帰宅後にキャットアイのカスタマーサービスに電話してみました。

「キャットアイの製品は基本的に
  最高ケイデンスは199までしか表示されません」
「有線式CC-RD200、
   新製品のCC-SC100Bは299まで測定できますよ」

とのことでした。

【俺の最高ケイデンスは200超えだ!!】

ってことはわかりました。

最高ケイデンスが上昇すると

何にイイと考えているかを

別記事で書いてみたいと思います。
タグ :

次のフレームはなににするか?(KIKU丸)

 2015-10-09
KIKU丸です。
今年度の最後の大会が終わり、
来シーズンへ向けて
どのようにトレーニングを積んで
どの大会に出るか?
目標はどうするか? などを考えるのですが
出ている大会と今後出たい大会では
純粋にレース向きのバイクに乗りたいなと…
つまり【フレームを変えたいな!!】と思っています。

現在乗っているのは
【アンカー RFX8】
RFX8

RFX8はフレーム単体重量1000g
(実測はしていないが)ということです。
軽さを活かしてヒルクライムも良し☆
快適性を生かしてロングライドも良し☆
他のブログの方が言うには
横方向にしなる為、リズム良く踏めば
(高ケイデンスよりトルク重視で)
スピードの乗りもとてもいいとのこと☆
(僕はよくわかりませんでしたが)

実際乗り換えたタイミングで、
劇的に速くなりましたが
それがフレームのおかげか、
トレーニング量が増えたからかはわかりませんが
さらなるレベルアップを目指し
フレームをよりスピード重視のものに変えてみたいなと
思っているわけであります。

ちなみ、RFX8以前は
RIDLEYのICARUSという
アルミフレームに乗っていました。
平地での最高速度だけで見れば
乗り替え前後とも
52~3km/h程度で変化が無かったことから
フレームの効果と思っているのですが…

現在、ほしいなぁ~と思っているフレームを
いくつか写真付きで紹介したいと思います。

【RIDLEY NOAH RS】
NOAH RS


以前RIDLEYに乗っていたという安心感と
そのメーカーのエアロフレームということですが
まずもって、見た目がカッコイイ(笑)
速いかどうかはネット調べではわからないです。

【アンカー RIS9】
RIS9

これは、今のから乗り換えるにあたって
一番しっくりくるであろうということと
確実なスピードアップが確信できる所。
ただ見た目のインパクトは薄いか…

【FUJI SST2.3】
FUJI_SST_1_1
(画像は上位機種 SST1.1)
FUJIとありますが
現在はアメリカメーカーとのことです。
(日本で生まれアメリカで育ったメーカーだとか)
このバイクはダウンチューブがブットくて
全体的に肉厚な感じがして惹かれております。
ダウンチューブは棍棒のようだと何かで見ました。
見た目通りの高剛性で速いらしい(ネット調べ)
上位グレードにSST1.1があるみたいだけど
見た目はほぼ同じで剛性がさらに上で
より速く走れるとのことだが、
僕には多分違いを出すことは無理か…

【CARRERA PHIBRA(フィブラ)】
Carrera_PHIBRA

これは完全に見た目で載せてみました☆
なんか変態的マッチョな感じがして
これで遅いとかはないんじゃないかと
勝手に思ってます。

4台のバイクを紹介しましたが
アンカーRIS9以外は
見た目で選んだ感じがわかりますね…
フレームも太くてホイールもディープで
とにかく強そう!速そう!
ディープホイールがホスィ~~!!
って話でフレームもだけど
ディープリムホイールがほしいという所ですな☆


タグ :

栗駒ヒルクライム(単独走) masa

 2015-10-07
栗駒ヒルクライムは5月と8月に年2回開催される。
夏油ヒルクライム1本に絞っていると勤務の関係で
今年みたいに出られない可能性もあるので助かる。
今夏にエントリーして会場まで行ったものの・・・
雨だったし具合悪いのでそのまま帰るという失態。。。

というわけで来年こそは栗駒ヒルクライムに出てみるかなぁ
とか思っていたので、先日登ってきた。
コース詳細はコチラ

須川駐車場に車をとめてそこから秋田側に下山。

栗駒HCくだり

本番を想定してタイムをとってみよう。
前回、5km地点毎に写真を取りながら登った時は
1時間05分だったな。
1時間は切れるべか。
スタートしてしばらくは平坦。
しかし、風がキツイ。スピードも上がらず萎える。
頑張っているのに心拍も上がらない。155bpm前後をウロウロ
やっぱり1人はつらいなぁ。
登りも頑張ったけど結果は1時間6分だった。
今年の栗駒ヒルクライムのリザルトから割り出すと
162人中75位くらいのようだ。
来年の目標は1時間切りだな。
みんなも出ましょう!
タグ :

TAGU氏のサドルを変えてみた masa

 2015-10-06
TAGU氏、まさかクランクを自分で交換するとは。
いつ頼まれるのか待ってたんだが。
しかもBBはデュラだとぉ。
やるな ( ̄ー ̄)
しかしどうやらクランクの印象が強く出てしまっている様な
気がしないでもなくなくない。
サドルで色を調整すればバランスが取れるんじゃないかな。
何色がいいんだろ・・・
と勝手に妄想  ((´I `*))

現在のTAGUバイク
サドル白


フィジークのアリオネ黒を付けてみた
なかなか締まって見える
サドル黒


フィジークのアリオネ青はどうだべ
全体的にブルー過ぎるか?
でも逆に落ち着いて見えるか
サドル青


赤は・・・
ナイな。
サドル赤


どうだろう?
参考になるかどうか分からないけど。

画像がたまたまfizikになってしまったが
以前フィジークを使用した時、ぼくのお尻はご機嫌ナナメだった。
これは実際に使用しないと合うか合わないか分からないので
難しいところだ。
タグ :

クランクとボトムブラケット交換

 2015-10-05
TAGUです。

先日購入した105 5700系のクランクの交換を行いました。

みなさんから、「クランクは色!」と言われていたので、FSAのゴッサマも検討したのですが、最初交換したかったのはこれだったので、初志貫徹させていただきました。

交換後の画像はこんな感じです↓

DSC_1215 (640x360)

いやあ、やっぱり黒いクランクはかっこいいですね(^_^)v

若干白いペダルが浮いているのが気になりますが、一気に重厚感が出た気がします!

※ちなみに前回はこんな感じ↓
RS81着用

今回はボトムブラケットも交換してみよう思い、最初は新型105、アルテグラ用のBBを買おうと思ったのですが、アマゾンを見るとデュラエースのBBが500円しか違わない・・・。(SM-BBR60、2635円 SM-BB9000 3075円)
そして、自分のバイクはティアグラ、105、アルテグラのミックス・・・。
「コンポの幅を広げよう!」
ということで、今回は思い切って初デュラに挑戦してみました!

開封して外したティアグラのBBと比べてみました。※左がティアグラ、右がデュラエース
DSC_1209 (360x640)

持ってみて感じた感想は、「うわ、軽い!」ということでした。そして、「思ったより安っぽいかな」って感じでした。
まあ、デュラエースってだけで結構ハードルが上がってますし、値段を考えるとそんなものかもしれませんね。

しかし、「ティアグラ」から「デュラエース」までの幅が広いミックスが完成しました(^_^)b
(デュラエースは5%位ですが・・・)

現在ブレーキキャリパーのみティアグラなのでそろそろ交換しようと思ったのですが、この「デュラテグラ」を維持させるためもう少し交換はしないでいようかなあって思ってます。

どちらにしてもあと残り少ないロードバイクシーズンを楽しみたいですね!
タグ :

束稲山ヒルクライム(単独走) masa

 2015-10-04
masaです。
SUGOファンキーエンデューロも終わり、
今年のレースが終わってしまった。
SUGOファンキーエンデューロは3年連続
出場しており、自分の力を測る上で最適な
レースと思われる。
で、結果、今回は昨年より平均10秒程度しか縮まっていない。
あんまり乗ってないからなぁ・・・
それならまだいいが40歳を目前に頭打ちなのか(;´-`)
とにかく寒くなる前に乗れるだけ乗ろう。

というわけで、久々に束稲山を登ってきた。



昨年の夏に登った時は 27分35秒。
いくらか速くなってるかなぁ・・・
結果は
27分43秒・・・(_ _|||)  遅くなってる。
かなり頑張ったはずだが。



garmin2.jpg

レースと違って心拍が上がらんのだ。
けどこれが今の精一杯。
冬までまだ期間があるから少しでも乗るようにしよう。
タグ :

新しい大会のご案内☆

 2015-10-03
KIKU丸です。
先日、スプリント力を上げて
平地で60km/hは出せるようになりたいなと
ネットから情報収集を試みていた所
【クライム・スプリント紫波2015】
という大会を見つけました。

先着30名なので
もう埋まっているかと思いますが
KPACから出場しそうなのは…
いませんな(笑)

希望郷いわて国体開催1年前イベントだそうで
来年もやるかは定かではありませんが
一応、大会の概要を記載します。

・距離は230m
・幅は8m
・斜度は7.5%(ゴール前40mは4.23%)
・参加人数は30人
・タイム計測は2人1組で行い
 2回計測する(2回目は希望者のみ)
・上位3名のみ決勝進出
 (上位3名は表彰される)
・参加料金は3000円
・応募はネット、FAX、申込書の郵送などあるが
 ネット、FAXを推奨している(先着順の為)

多分、強者のみの参加になると思われますな。

ホイールの選定や、
最初のギアの選択が重要だと思います。

出れる位の力がほしいな~

タグ :

中華カーボンホイールの実力(LWCホイール)

 2015-10-02
masaです。

カーボンチューブラーのホイールが欲しい。
欲しい欲しい・・・とヤフオクを巡回。
なんだか怪しいホイールを発見。
LWC wheels というメーカー。

38mm超軽量カーボンチューブラーホイール(前後1090g)
79,800円(今は1万円ほど値上がりしている)

中華カーボン

聞いた事ないメーカーだ。
ちゃんとした物で作ってますよ、とは謳われているが‥怪しい。
おそらく中華カーボンの類と思われる。
しかしこの中華カーボンホイール、調べてみるも意外にも悪い事は書かれていない。
ので昨年購入した。

そこで、中華カーボンホイールの実力が
どれほどのものなのか実験してみた。

比較対象は、カンパニョーロ
BORA ULTRA TWO 50mm 前後1305g
中古で実質140,000円で購入
格安で手に入れたが、言わずと知れたカンパニョーロの名作。

bora ultra two

SUGOファンキーエンデューロでの実走タイムで比べてみた。
何を隠そう私はミスターアベレージ!
昨年のSUGOファンキーエンデューロでは8周回したわけだが、
奇跡的にどの周も同じ様なタイムだったのだ。
パーツ交換による効果を計る上ではベストな環境ではないだろうか。

最初と最後のタイムはどうしても速くなってしまうので参考外として、
うち6周で各ホイール3回ずつタイムを取ってみた。
コースは長めのアップダウンがある3.7km

結果

BORA ULTRA TWO
4周目 7分14秒
5周目 7分15秒
7周目 7分23秒

平均7分17秒

中華カーボン
2周目 7分09秒
3周目 7分10秒
6周目 7分19秒

平均7分13秒

結果は先行使用した中華カーボンに若干の分があったところはあるが、
まぁほぼ同タイムとみていいだろう。

これが長距離となったり、脚がある人が使用すれば話は変わってくる可能性はあるが、
一般ホビーレーサーが使用する分にはコストパフォーマンスはかなりイイと思われる。

その他、SUGOバックストレート下りでの最高速度も比べてみた。
下りでは踏まずにそれぞれ3回ずつ実施。

BORA ULTRA TWO
最高速度平均 67.93km/h

中華カーボン
最高速度平均 67.27km/h

実施回数が少ないのでアレだが、
BORAの方が0.66km/h速かった。
純粋な回転性能はBORAが上のようだ。

極簡単に中華カーボンのインプレ的な‥
まず劇的に軽い、坂も軽快に登れる。
下りも心配なく?飛ばせる。
ブレーキも問題なく効く。
雨の日は不明。
ラチェット音はそこそこ出るがうるさくはない。
見た目がアレだ‥

非常に優秀なホイールではないだろうか。
アップダウンがあるコースやヒルクライムには最適だと思われる。
カーボンホイール欲しいけど高くてちょっと・・・
という人には良いかも知れない。
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫